« 道標 | トップページ | ラジタロス2-1 ボーナストラック »

2009年6月 3日 (水)

月刊光源氏図鑑

楽天レンタルに続き、DMM.comに加入しましたよ。
というのも、DMM.comには
月刊光源氏図鑑があったからー。
こんなんあるんだー

ってことで、早速レンタルしましたよ。
白椿盤(白ジャケ)、紅椿盤(紅ジャケ)
両方一緒に借りましたがー
もちろん白ジャケから聴くわけです。
しかも次に聴くのは紅ジャケのキャストクレジットトーク!
私の場合、今のところ、
遊佐さん以外の声優さんにあまり興味もないので
あくまでも遊佐さん中心に。
まぁ紅ジャケ借りたのも白ジャケのキャストクレジットトークの
続きが紅ジャケに入っているから。っていうことで。

hiroさんのブログゆみぞうさんのブログ
内容はだいたい読んでいました。
23歳のGENJI…げんじで変換したら、これ出た(笑)
源氏、それから17歳の源氏、
ばっちり演じ分けておられるとのことで(当たり前ですが)
もー楽しみで楽しみで。
私、源氏物語の知識は、あさきゆめみしが全てでして(苦笑)
中学~高校生頃おおはまりして読んでおりました。
随分前のことなので、記憶がすでに曖昧…
女三宮の降嫁の頃の葵?紫?の話が
すごーく切なかった記憶がある程度です。
まぁ今回遊佐さんが担当された
(お相手させて頂きました…みたいでなんかいやらしい。
と話しておられましたね(笑))
六条の御息所の話は、
おどろおどろしい所ばかり覚えていたわけで。
あーまた話が、相当どーでもいい話になってますが(苦笑)
遊佐さんの源氏、すごく切なかった(感想は一言ですか?(笑))
でも、源氏って、ぐちぐちしゃべる男ですよねー。
(いや、一人しゃべりCDなんだから、
しゃべらなきゃしょうがないよねー。と突っ込む自分もいて(笑い))
でも、遊佐さんの(遊佐さんじゃないし、源氏だし)17歳
すごいいい~~~
可愛いし、切ないし、甘え上手ーだし。
こんな40歳すごいなー。
私は17歳の遊佐さんのほうがお気に入りです。
キャストクレジットトーク、
白ジャケで話が収まりきらず、
勝手に?紅ジャケに続きます。
的に終わらせてましたよね。
あれ、勝手に。って印象受けたんですが(笑)
遊佐さん、文系だけど、
古典と歴史が苦手だそうで…
今回緊張されたそうですよ。
以前、2001年明けましておめでとう的な店内放送(英語)の
ナレーションのお仕事をされたことがあるそうです。
 僕一言でも英語出来るって言いましたっけ?
 っていう遊佐さんの言葉が印象的でした(笑)
でも今回、その英語のナレーションのお仕事より緊張された。
そうですよ。
母国語なだけにっ。
あぁ。あさきゆめみし、読みたくなりましたねー。
もうほとんど忘れてるので。
ちゃんと覚えてた方が楽しめたよな~。これ
「月刊男前図鑑」シリーズ特別編 月刊光源氏図鑑「六条・朝顔」編 白椿盤
あと、キャストトークのために聴いた、紅ジャケですが、
藤壺編が設定もあり、
かなり切なかったですね。よかったです。
「月刊男前図鑑」シリーズ特別編 月刊光源氏図鑑「夕顔・藤壺」編 紅椿盤

|

« 道標 | トップページ | ラジタロス2-1 ボーナストラック »

コメント

月刊光源氏図鑑、お聴きになったんですね!
17歳の遊佐さん(ちと違いますが)、良かったですよねー!
自分のことは棚に上げてグチグチ云ってる源氏は
どうかと思いますが。でもそれをいったらこのCDが
成り立ちませんから(笑)。

私も源氏物語にハマったのは『あさきゆめみし』からです。
女三宮が降嫁した際の、紫の上の心理描写に涙しました。
葵の上は、源氏の正室で六条御息所に取り殺されて
しまった女人でーす(^^ゞ

このCDを聴いた後、実家に帰る機会があったので
ここぞとばかり、『あさきゆめみし』を読み返しました。
やっぱり面白かったですよぉ!

投稿: hiro | 2009年6月 3日 (水) 08時46分

はい!17歳の遊佐さん良かったです~!
あんな可愛いい甘え声聴いたらもう!!(≧∇≦)

こういうCDの感想ってみんなこんな感じなのかなー(笑)
しゃべらなきゃ成立しないしー。しゃべってなんぼ(笑)

hiroさんも「あさゆめみし」でハマられたんですよね!
hiroさんのブログを拝見したときに、
お~やはり同世代じゃーって思いましたよ。
女三宮のエピソードの姫が紫で、葵は正室の方でしたか^_^;
私の中で、その2人の名前がどっちがどっちか覚えられない^_^;
ほんと、あの女三宮の降嫁の話はねー。泣けましたよね。
私、どうしてあさきゆめみし読んでたんだろう。
友達に借りたのかなー。
手元にはないんですよね。あぁでも読みたいなぁ。

投稿: じゅんみー | 2009年6月 4日 (木) 05時35分

17歳の源氏って、ほんとに向かうところ敵ナシって感じで、ほんま生意気なんですよね。でも自分の魅力も十分わかってて、もうなんかその源氏そのものなんですよねー!
マンガのあさきゆめみし、も大変面白いですが(私も家宝として持っておりますv)田辺聖子の新源氏物語もとても面白いので、機会があれば是非読んでみてください~。結構分厚いのが3冊もあるんですけど、ほんとに面白いのであっという間に読み終わってしまいます!

投稿: ゆみぞう | 2009年6月 6日 (土) 22時42分

ゆみぞうさん、こんにちわ。
あさきゆめみし、ゆみぞうさんちの家宝でしたか!
(ほかにも家宝が沢山ありそ~(笑))

17歳の源氏
>自分の魅力も十分わかってて
うわっ、本当だ。怖い子ども(苦笑)

田辺聖子さんの新源氏物語、
一度読んだことがあるようなも・・・
が、本当に読んだことがあるかどうかも
不安なくらい、覚えてない
ダメだ、自分の記憶力がヤバすぎる…
今度、子どもと図書館行った時に、
自分の為の本も探してみますー。
でも、面白い本に出会うと、睡眠時間減りますよねー(笑)

投稿: じゅんみー | 2009年6月 8日 (月) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊光源氏図鑑:

« 道標 | トップページ | ラジタロス2-1 ボーナストラック »