« EPISODE REDに行ってきます! | トップページ | ちょっといい話 »

2010年5月23日 (日)

EPISODE RED 観に行ったYO!

昨日は予告どおり
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE
超電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル
を観に行ったYO!

朝10時過ぎに劇場の前でビシャさんと待ち合わせをして
一緒に観ましたYO!

YO!で思い出したけど、
結局モバイル文化放送のリニューアル記念の色紙、
応募し損ねましたYO!(泣)
何回見に行っても、開始が延びてて、
そのうちに見に行くの忘れてたという…あ~ぁ…

さて脱線はおいておいて…
ビシャさんは本当に若かった。
私とビシャさんの年齢差19歳!
ま、一見、親子ですYO!
逆に全然不審じゃなかったね(笑)

普段なかなか「口に出して」
ゆっち
という機会がないので、
とっても楽しかった。
いっぱいお話してきました。


映画は電王らしく
笑いあり、感動あり!
やっぱり電王は面白い!!
残りの2本も観たいよ~~~!
3本とも見に行くのはスケジュール的に辛いなって思ってたけど、
平日に有給とって観にいっちゃおうかな。とか思い出す始末(苦笑)


さてー続きにはネタバレの感想です。

最初に言っておく!
書くのはヘタだけど、本当にガッツリネタバレだ~!

今回は侑斗と愛理のラブストーリー、ということで。
文句なくそうでした。

「侑斗」は、テレビシリーズで愛理が気になっていたじゃないですか?
なんとか距離を縮めたいカンジなんですが、
ほら侑斗は、あんなカンジでしょ。
愛理を陰から見守ってるだけで…
それをどうにかならんもんかーと言うデネブ
キンちゃんあたりには
侑斗は、若い頃の桜井(愛理の恋人)なんだから、
堂々と逢いに行ったらいいやないか。

って言うんだけど、
良太郎は
姉さんにとって「侑斗」=「桜井」ではない、と。

良太郎はね、また小さい方の良太郎なんです。
だから私、最初、子どもが難しいこと言ってるよ。と驚いてしまいました。
でも中身は大人(と言っても20歳くらいか?)の良太郎なんだよね。
バカな私。


さらにコハナも、そうかもね。と女性らしい発言を。
コハナが小さくても中身が大人ってのには
さすがのバカは私も既に慣れていたようですww


そう、やっぱり愛理にとって
「侑斗」と「桜井」とは違うんですよね。

愛理は侑斗にコーヒーを入れてあげて
砂糖を一緒に差し出します。

「いつからお砂糖入れなくなったんだろう
初めて会ったときにはもう入れてなかった」

と愛理。
もう桜井の未来とは違ってきているのかな、って。だから
「もう未来にも私にも縛られなくていい」と侑斗に告げる愛理。
もう切な過ぎるだろうが~~~~っ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
愛理は侑斗よりもちょっと年長な分、
イロイロ考えてしまったのかもね。
若い侑斗が、自分に想いを寄せてることは…
気づいてたということだよね…?
ただ、それが恋なのか、
将来の自分にとっての特別な人だという想いからなのか、とか。
もちろん愛理も戸惑っていたんだよね。
愛理にとっても、侑斗は特別な存在には違いないから…
でもあの侑斗に未来に縛られないで。と言った
愛理は、きっぱりとしていたよ…


今回の敵のイマジンの契約者は

愛理に一目惚れした人で
暴漢に襲われた愛理を
格好良く助けるってのが契約なんだけど、
そのオトコがもうイラつく優柔不断野郎で(爆)
映画観ながらイライラしてしまった。←ある意味役者さんはすごい(笑)

そのオトコが愛理をトラックの荷台に監禁した状態で暴走。
それをゼロノスが救います。
トラックからゼロノスと飛び降りる、その時の愛理の表情。
飛び降りた後、気を失って目覚めた後の愛理の表情。
あぁぁぁもうっ(。>0<。)

一件落着・・・
その後、侑斗のバイクに二人乗りして帰ります。
愛理は桜井とそうしていた日のことを思い出します。
でも、桜井にそうしていたように、
侑斗にしがみつくようなことはしないわけですよ。
途中、侑斗は星がキレイなスポットで止まって
ちょっと見て行っていい?と。
その星を見上げる侑斗をずっと見つめる愛理。
涙が流れます。
その顔が桜井と同じだったんでしょうね。
帰りは桜井にそうしていたように、
侑斗にギュッと…
それに応える侑斗…

映画はここで終わりです。

感動したーーーーーっ゚゚(´O`)°゚


考えたら私は元々侑斗贔屓ですからね。
侑斗頑張れっ的な目線でずっと観てました(笑)
中村優一くんは、随分顔が大人になってた印象。
やっぱり可愛いコだなぁ(≧m≦)
やっぱり好きだなぁ。にゃはは。

今回電王に変身したのは、

最初がロッドフォーム!
あとはソードフォーム、てんこ盛りだね。
アックスフォームとガンフォームは出てないね(^-^;
ちなみにイマジンもてんこ盛りでした(笑)

今回は(も?)モモが笑わせてくれました( ´艸`)プププ
劇場では子ども達(うちの子もヨソの子も)の
生の笑い声がギャハハハとなって
あぁいうのってなんかいいね。
息子1は侑斗と愛理のシーンはつまんなそうにしてました(笑)
でも、EDのActionZERO2010が流れてきたら
「これ2010じゃん!」と言ったのには驚き。
大阪で1回聴いただけなのに、覚えてるんだね~(゚0゚)

芳忠さんが全部やった、
女性の声にまでかぶせてたってところ、
ありましたよ!
面白かった(゚m゚*)

あ、ゆっちの言いつけを守ってちゃんとロールも最後までみましたよ。
その後にイマジンアニメ♪
テディは「うっ。。。うっ。。。」って言ってるだけ(笑)
派遣イマジンはNEWトラルのコトを忘れてて、
え?小野Dコレだけ???と思ってしまった私でした(笑)

|

« EPISODE REDに行ってきます! | トップページ | ちょっといい話 »

コメント

私も日曜日、観に行ってきましたYO!
じゅんみーさんと同じところで感動しました。切なかったよねー。
二人の関係に明確な答えは示されなかったけど、最後に
愛理さんが侑斗の腰にぎゅっと手を回したのは良かったです。
泣けたっす!

でもまぁそういったシーンはお子様には判らなかっただろうな
と思ってはいましたが、やっぱり息子1くんは退屈そうに
してたのですね。仕方ないかな(^^ゞ
見る人を選ぶかも(というか大人向け?)と思いましたが、
デンライナーの場面は電王らしくてめっちゃ笑えたし、私は
満足です♪BLUEとYELLOWも観に行くぞ~っ。

投稿: hiro | 2010年5月24日 (月) 21時54分

hiroさん、こんにちわ~!

ね~~!
切なかったよねぇ。
うん、この恋物語の答えが明示されたわけじゃないけど、
絶対に距離は縮まったはず!
愛理がギュッとして、その手に侑斗がそっと手を添える…
あの場面はぎゅ~~ってなったぁ。
私、侑斗大好きだから(←)

ラブストーリってこともあって、
確かに大人(女子?)向けかもしれないですねー。
でも、イマジンたちが出てる場面では
子ども達もゲラゲラ笑ってて、楽しそうだった。
さすが電王!

私も続くBLUE観に行っちゃうよ。
YELLOWはウラが活躍するらしいし、何か理由を探さなきゃ(笑)

投稿: じゅんみー | 2010年5月26日 (水) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EPISODE RED 観に行ったYO!:

« EPISODE REDに行ってきます! | トップページ | ちょっといい話 »