« 死兆星…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ | トップページ | 週刊でメール読まれたぁぁ~~ »

2010年6月 6日 (日)

超電王トリロジーキャラクターブック

私、普段は声優さん関係の雑誌とか買わないんですよ。
ときどき立ち読みするくらい。
だって雑誌まで買うお金はないじゃなぁい(笑)
その分CD買いたいじゃないですか。
でも電王だけは自分の中で規制解除なんです(笑)
というわけで、
先日悩んでいたキャラクターブックとコンプリートブックですが、
キャラクターブックを買いました。

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー (TOKYO NEWS MOOK 183号) 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー (TOKYO NEWS MOOK 183号)

販売元:東京ニュース通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

で、このキャラクターブック、
スーアクさんと声優さんの
お互いに向けてコメントが載ってます♪

高岩さん・関さん

永徳さん・ゆっち
次郎さん・てらそまさん
おぐらさん・スズ
金田さん・小野D


これがね、どのコンビもお互いを誉めちぎり合っててなんか面白い。
ニヤニヤしちゃう。
永徳さんなんかね…

って、書き写しちゃうのもまぁアレだから、
私の記憶の限りで書きますねww

「遊佐さんが演じてくれて」
遊佐さんは、何であんな色気のある声が出るんだろう。
本人も男の色気が…
だから自分もウラを演じるときは男の魅力を意識してます。
あと、ウラは最初"嘘つきな詐欺師"って性格設定だったはずが、
いつの間にか"女好き"に変わってたから(笑)
女性を意識するようにしてます。
遊佐さんが高い位置でウラをキープしてくれるから
もっと高いところへ行けるはずと思って芝居をしています。
遊佐さんに「こんなことやってますよ~」って
投げかけるような気持ちで演じてます。


永徳さんから観ても、遊佐浩二には色気があるのかぁ~(≧m≦)
やっぱりねぇ~♪んふふ~
スーアクさんが声優さんに投げかけるスタイルってのは
どのコンビでも割とやられてるみたいですね。
スーアクさんが投げかける→
声優さんが応える→
スーアクさんがさらに応える→・・・
というループを繰り返して、
電王ってのは素晴らしい作品になってるんですねぇ
本当にね、語りつくされた言葉ですけど、
イマジンって、あのお面なのに、表情やら感情やらが伝わってくる。
本当に役者さんってすごい!


「遊佐さんに言いたいこと」
いつもありがとうございます。
ほかの役でも声を当ててもらいたいです。
いつか役者"遊佐浩二"と一緒にお芝居できたらいいですね。


ぎゃーーそれ魅力的過ぎるよ(≧∇≦)
永徳さんもお面つけない芝居ですかね?
是非、実現して欲しい…
ゆっちが昔、芝居の勉強の為に舞台(お芝居)に出てたって
話しを聞いて以来、その映像が見たくて仕方ない。


続いてゆっち。
ゆっちのコメントを書こうとして…
永徳さんのコメントの方がよっぽど覚えていることに気づいたww

「永徳さんが演じてくれて」
電王の現場は非常に集中力が必要。
永徳さんと会わずしてアイコンタクト的なことをし、
さらに監督さんの意図も読んで自分なりに台詞を乗せます。
でも、ウラとは長い付き合いになっているので、
自分も永徳さんも、どのシーンもしっくり来てると思います。


こう改めて言われるとホントすごいよね。
スーアクさんと声優さんって
会ってないけど、あのコンビネーションなんだもんね…
もちろんしっくりきてるよーっ(笑)


「永徳さんに言いたいこと」
YELLOWのU大樹・Uディエンドがすばらしかったね。
ディエンドとウラが一緒の場面ではもちろんウラに入ったんだよね?


いじるのは忘れない(笑)

声優陣の対談も載ってます。
収録日の取材だったようで、
抜き録りだったスズ以外の3人で座談会的なモノです。
3人でお話している模様もありますが、
対談的に1対1で書かれているものもあり…

「関・遊佐」
お互いのココがスゴイ的な質問には、
YELLOWでゆっち相当しゃべったのかな?
「関さんのご苦労がわかりました」とのこと。
関さんは「遊佐ちゃんの映像から読み取る潜在能力がすばらしい」
というお褒めの言葉なんですが…
ちょっと関さん、潜在能力ってなんか変じゃないですか?
ゆっちの能力は、表面上現れていないですか?(笑)
潜在=表面にはっきりと表れないが、内部にひそかに存在すること。伏在。
だそうですよ(笑)
ってまぁそんな重箱の隅は置いておいて…

お互いの体が入れ替わったら?
ゆっち「関さんは大先輩なので、関さんのキャリアに傷をつけないように…」って。
どんな顔して言ってたんだろうか、ちょっと気になった。
あと「限度額まで(クレジット)カードを使いたい」って言ってた。
やっぱりお金の話か(笑)


「てらそま・遊佐」
てらそま「遊佐君はウラに対する思いが非常に強い、
それをいかに生かすかクレバーな対応をする」

ウラに対する思いがね、"非常に"ね♪んふ
うれしくなっちゃうよ。
自分大好きゆっちーですもん。


ゆっち「次郎さん・てらそまさんコンビの
"寝る"っていう芝居を選択できることがすごい。

僕は間が怖くてその選択はできません」


結局、声優さん同士も誉め合ってましたとさ(笑)
てかね、ゆっちだけ人を褒めてない気がするのは私だけ!?(笑)

最後に、
記事の内容、違ってたらごめんね(苦笑)

さぁてと、次はコンプリートブックだーっ!
(昨日注文しちゃった♪
5月のイベントからこっち、電王に貢いでるわ…)

|

« 死兆星…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ | トップページ | 週刊でメール読まれたぁぁ~~ »

コメント

ゆっちが褒められるのってほんとうれしいねぇ。永徳さんの「こんなことやってますよーって投げかけるつもりで・・・」っていうの、なんとなくちょっとだけわかる気がする。褒めあってるけど、なんていうのかなー、負けてらんねぇぞっていうかー、ほら、ゆっちのよくおっしゃるから、そういうことなのかなーって。みんながそうやって同じ気持ちでひとつの作品を作ってるっていうのは、見てる私たちはもちろん、作り手側としてもワクワクするような、クリエイターとしては、たまらない刺激なんだろうね。
関さんの潜在能力っていうのは、普段にはそう感じさせないのに、芝居になったら・・・ってことかなーと私は思いました。ってまぁ、前後を読んでないから思いっきりカンだけだけどな!
ありがとー。面白かったよー。それでコンプリートブックのレビューはどこに書いてありますかー?まさかまだ書いてないとか、これからも書くつもりはないってことはないよねぇ?ああ、ひょっとして発売がまだだったのかな?いけないいけない、ゆみぞうったらウッカリさん!あー、じゅんみーさんのコンプリートブックのレビューを読む日が楽しみだなぁ~~~~!!!

よし、これくらいでええやろ。( ̄∇ ̄+)

投稿: ゆみぞう | 2010年6月23日 (水) 14時53分

ゆみぞうさん、こんにちわ~!
そうそう。
同業者とか製作側の方がゆっちを褒めてるのを知るのはすっごい嬉しい(笑)
スーアクさんと声優さんの関係は本当にすごいですよねー。
ラジタロスで、芳忠さんが
スーアクさんがいろいろやってくれるので
こっちもどんどん膨らんで…
というようなことをおっしゃってましたが、
これが全てのコンビで行われていて…
うん、みんなが負けてられないなって作ってるんだよねー。
私声優さんファンになって、
本当にこの人たちはクリエイターなんだなって思ってて。
ただ台本を読むだけではない役を「作り上げていく」ってことをする人なんだって。
(今まで役者のファンになったことはないから、あまり深く考えたことがなかっただけってことはあるけど)
本当に役者さんってすげーな、って思っている今日この頃です。

潜在能力は、そうですね!
そういう解釈なんですね!きっと。うん。
前後は…あんまりなかったですよ(笑)
2人の対談?コーナーはほんのちょっとだったし。

それで…あのぉ…コンプリートブックですが…
あれね単純に「次はコンプリートブック読むぞ」
って意味で書いたんですけど(笑)
あとから読み返したら、あれじゃぁ
「次はコンプリートブックの記事書くぞ」
って聞こえるぞ、ってことに気づいた(笑)
えーと。コンプリートブックはまだ読んでないんです(苦笑)
ま、ゆっちのとこだけは読んだから、そこだけ書けばいいのか(笑)
は、は~~い・・頑張ります!

投稿: じゅんみー | 2010年6月24日 (木) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超電王トリロジーキャラクターブック:

« 死兆星…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ | トップページ | 週刊でメール読まれたぁぁ~~ »